Tetsu Photography

鉄道とカメラの四方山話

第27回 80-400mm

 そのレンズは、史上初でした。

 普通の人に手が届く望遠ズームの上限が、70-300ミリであった頃、「史上初の手ブレ防止レンズ」として、このレンズはデビューしました、そう、80-400ミリF/4.5-5.6VRです。400ミリという長射程に対応する重量増で、手ブレが発生しやすくなることから想定される対応で、望遠レンズを中心に、現在は標準系まで搭載される、各社の「手ブレ防止」技術の発端となりました。

 現在は、当時解決出来なかった問題を解決すべく、ナノクリとスーパーEDレンズを使用した、次世代のVRⅡへとモデルチェンジし、旧レンズの製造は終了しています。

 手に入れたのは、旧モデルとなってから、中古で。売り物になる程で、カビ等は無く、ほぼ完璧な1本でした。しかし、既にサードパーティーの50-500ミリがあり、純正ということもあり大切に使用してきました。画像は、やはり純正の規格、確かなものですが、正直VRⅡも試してみたい気はします。

 望遠レンズの花形300ミリF/2.8に対し、400ミリF/2.8もありますが、値段は150万円位の金額になり、写真を職業としない人には、少々無理な金額です。そのため通常使う人は300ミリでもF/4で、もし400ミリがあればF/4よりはF/5.6が現実的な選択です。ズームとはいえ、その域まで行けるのは良いことです。

 そこで現在は、純正で200-500ミリF/5.6というレンズがありますが、フィルム機が使えないEレンズなのと、またサードパーティーでは同じF/5.6でも150-600ミリであり一枚上を行き、純正主義者以外にはちょっと大変なようです。今更Eレンズ対応のフィルム機、例えばF7を出しても、フィルムカメラの販売数から、設計は終わっているでしょうが採算見込みが無く、製造を期待する方が無理です。それでも生産することがあるN社ですが、今の状況からはそれはまずないでしょう。そこで、F6E位を、期待しておきましょう。

 昔は、レンズが2キロとは、何とも重いと思いましたが、カメラ1台であれば、今は3キロのレンズでも何でもないように思います。ただ、一日中では手に来てしまいますが。

 最後に、やはりN社は、旧式レンズでも堅い写真が撮れます。軽いノリのC社と違い、少々無骨ですが、何十年前のレンズも使え、そこはフォーマットを何度も変えた他社には真似が出来ない部分です。現有F6は、可倒式連動レバーに、斜めスプリットマイクロスクリーンで、完全MF仕様となり、特に深いN社のレンズ沼に、はまりつつあります。

 それでは、次回をお楽しみに。