Tetsu Photography

鉄道とカメラの四方山話

第23回 8-15mm

 暫く投稿を休んでいるうちに、ビッグニュースが入ってきました。「8~15mmズーム魚眼レンズ」発売とのことです。

 MF時代、N社の最広角は6ミリ、キノコ形の超巨大レンズで、前を向いても後まで写る円周魚眼レンズでしたが、MFレンズの整理、及びその後のAF化で後継も無く終わりました。

 その後、AFレンズでの最広角は16ミリ対角線魚眼で、デジカメ登場時に14ミリが登場、DX21ミリ代用での使用も考えられたものとなっています。以降ズームも14ミリが最広角、それが永く続いていました。

 一方レンズメーカーでは、S社が対角線魚眼15ミリと、円周魚眼8ミリ単焦点を出し、単焦点ではどちらにするか、という検討をするところでした。実際の写真でも、15や16の対角線魚眼ならある程度の実用性がありますが、円周魚眼は使用する対象が限られ、セールスより技術が上回ったレンズ、普通なら購入を尻込みするでしょう。勿論私は持っていますが、使用頻度は非常に低いものです。

 しかし、「マグロ」(1200~1700ミリ、野球場でバックスクリーンからバッテリーが縦でも横でもノートリで写せるズームレンズ、現在は生産していない)でもそうですが、N社はスイッチ切り替えを好まず、ズームで連続的に変換出来るレンズを造ります。そこで、フルサイズで円周から対角線まで連続的に変更出来るズームという設計となり、このレンズの登場となりました。いかにもN社らしいズームです。

 一方APS-Cサイズでは、K社が同様のズームを出しており、それとの競合は無いようです。ただ、連続的に変更出来るズームの力は大きく、期待されるものです。

 多分、私は手に入れると思いますが、技術的満足はともかく、それだけのセールスは、難しくも思います。このズームで開拓されるファン層は見込まれますが、この焦点距離を理解出来る人が、どの位いるのか。マクロズーム(今ならば、オークションでも出ていれば欲しいですが)のように、いつの間にか無くなっていた、とならないよう願うのみです。そのためには、やはり「買う」という行為が必要です。あるうちに、買っておきたいと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。