Tetsu Photography

鉄道とカメラの四方山話

第21回 24-120mm

 それは、APS-Cユーザーでも、常用する人がいるレンズです。

 かつて、フィルムからデジタルへとカメラの方向性が大きく変わっていく時代に、まるでその流れに抗うかのように、おそらく最後のフィルム機となる、フラッグシップ機が発売されました。そのカメラは、10年以上経った現在も、そのまま継続して発売しています。

 そのカメラに常用するべく開発されたのが、初代の24-120mmでした。ただF値は固定では無く、3.8から4.5程度の変動があったと記憶します。普通のズームのようですが、しかしそれは手ブレ防止付きで普通にはならない。今思えば常用域で手ブレ防止は画期的で、暗さをカバーするには十分です。ただ、光学性能はフィルム用のそれであったようで、現在は発売されていません。

 更にデジタル化が進み、レンズもそれに対応した性能が求められるようになると、同レンズも刷新され、手ブレ防止はそのままに、デジタル対応コートを施し、F値も4に固定、デジタル用のズームに進化しました。それまでがある意味「味」のある結像であったのに対し、その辺は修正され、性能的には別物との評価もあったようです。それだからでは無いですが、24-70mmの代理人として、私の常用レンズとなっています。

 フルサイズですから当然と言えば当然の選択ですが、一部にAPS-Cサイズユーザーでも常用する人がいるとのこと。フィルム時代のレンズも流用出来るN社のカメラのこと(C社では、一部の高級レンズを除きそれはできない)、不便さを引きずりながら使う人も多いです。ただ、正直言ってAPS-Cでは、18ミリは無いと画像が窮屈になり、撮影が困難だと思います。そこは、たとえレンズメーカーに堕落しても、専用レンズを使った方が良いと思いますが、カメラがフラッグシップ機なのに、常用がサードパーティーというのも、恥ずかしい感じがします。高画素フルサイズを使う今、やはり高倍率では光学的に性能を十分に発揮出来ないと思うので、その辺からも当然か。24-70mmほど劇的な変化は感じませんが、それも常用だからかなあ、と思います。

 結論。「カメラ本体に、相応のレンズを使うこと。」でなければ、性能は十分に発揮出来ません。

 それでは、次回をお楽しみに。