Tetsu Photography

鉄道とカメラの四方山話

第19回 18-35mm

 購入した当時、そんなに役立つレンズとは、思っていませんでした。

 フィルム時代、18、20、24、28、35ミリと、主要な広角レンズ域をカバーするレンズとして、普通に買った同レンズ。当時は外部駆動で、マウントに内蔵したカップリングでピントを合わせる、そういうレンズでした。明るさもf/3.5~5.6で、特段明るいわけでも無く、平凡な広角ズームでした。

 しかし、重要度が急増したのは、デジ一が登場してから。D100の時代、適合するレンズが製造されておらず、約1.5倍の望遠に、撮影は苦しめられました。

 そこで試しに入れた、18-35ミリ。それが意外とツボにはまり、いつの間にか常用となっていました。結果、「DXには18ミリが必要。」との結論に達しました。

 以降、普及型D70登場で、レンズキットは18-70ミリとなり、これでDXフォーマットも安定して使用出来るようになりました。

 そして、同レンズは、通常の広角レンズに戻りました。

 現行はAF-Sであり、上位バージョンの16-35ミリf/4、14-24ミリf/2.8もありますが、やはり普段使いには、高価なレンズは勿体ない。そんな、カジュアルな広角ズームでもあり、主要なところは押さえており、最初の広角にもお薦めなのでしょう。広角の世界へ、皆さんも、どうぞ。

 それでは、次回をお楽しみに。