Tetsu Photography

鉄道とカメラの四方山話

第15回 50-500mm

 これも、純正の規格では、とても出せないレンズなのでしょう。

 現在、普通の人が買える値段で一番の望遠ズームは、150-600ミリf/5.6-6.3、値段は10万強~20万弱ですが、それが開発されるまでは、上限は500ミリ、各社ありましたが150~500ミリ、200~500ミリ、といった感じです。

 その中において、レンズメーカーS社は、50-500ミリを出し、現在もラインナップに入っています。望遠系高倍率ズームで、AFは使えなくなりますがテレコンにも対応しています。

 流石高倍率、重量は約3キロで、手持ちで長時間使うには堪えます。まあ、そこまでの望遠を常用する人は、飛行機か、動物か、ちょっと特殊な写真を撮る人で、腕力の問題を気にしない人達です。

 ただ、画像はやはり高倍率で、最新のコーティング技術では無く、手ブレ防止も入りますが、本来なら100万円出さなければ手に入らない焦点距離ですので、割り切った使い方が必要と思われます。また、テレコン使用時は、100ミリ以下は使えないとのことで、制約もあります。2倍テレコンで、1000ミリが手に入るので、それをもって良しとするのでしょう。実際、1000ミリなんて、通常使うことは無いでしょう。やはり使うなら、そこは「BIGMA]より、「エビフライ」でしょう。確かに、200万円コースですが。

 実際純正では、規格に合わない部分は切り捨てたズームが多く、24-70ミリなどはその代表例で、画像が規格に合わないのでそれ以外は使わないのです。この辺でも純正なら200-500ミリで、それ以上は画像が規格外となり、切り捨てたのでしょう。

 高倍率は、何本もレンズを持つことからは解放されますが、それぞれの画像は、やはりつぶしがきく程度で、固定焦点には勝てません。まあ、低倍率、固定焦点に回帰していくのでしょう。

 個別には、良いレンズとは思います。ただ、高倍率と割り切った使い方が必要だと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。