読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsu Photography

鉄道とカメラの四方山話

第12回 135mm

 それは、「かゆいところに手が届く」レンズでした。

 常用を大三元に出来ない、「仕事ではない」カメラマンは、でもナノクリが使いたいので24-120mmf/4を使います。そうすると、高倍率ズームと比べ、制約は大きくなります。広角側の余裕は出来たものの、望遠側は格段に落ち、望遠ズームの助けが必要となるのですが、現在のラインナップでは当分残念です。

 つまり、当分は、120ミリが上限であり、これを越える望遠は、何らかの手立てが必要です。高倍率ズームを使用しないという前提で使うなら、その上の単焦点が必要ということとなります。

 85ミリの上は105ミリ、その上は135、180、200となっていくのですが、180ミリのクラスに入らないものは、その下の135ミリということとなります。

 先日105mmf/1.4が出ましたが、従来は105と135はf/2、ボケ味を調節出来るDCレンズです。DCを鉄道写真に使うかどうかは別として、中望遠から本格的な望遠へと繋がる焦点距離、その微妙な立ち位置になります。

 そのうちの135ミリは、今のラインナップで、もうちょっと、というときに絶大な効果を発揮します。特に120ミリで足りないときに、その1本で写真が随分助かる、という経験を何度かしています。そのため、今ではお気に入りの1本になっています。

 105と135は通常ペアで持ち、広角f/4ズームとセットです。そして、常用レンズの使えないところで、「待ってました」と構えています。メインバッグには入りませんが、サブバッグが持てる場所では、必ずです。

 言えることは、いろいろな光学的設計の中、現在も単焦点として残るのは、やはり多くの人が使った焦点距離だからでしょう。その意味で、技術的にも、ニーズとしても残った、結論の焦点距離なのでしょう。

 こう考えると、やはり85、105、135、180をカバーする、70-200ミリが欲しい気はしますが、多分先ずはf/4からで、明るさに不満を感じるまでは、暫く我慢なのか。どちらにせよ、もう少し技術が上がるのを待ちたいと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。