Tetsu Photography

鉄道とカメラの四方山話

第5回 シチサン写真

 いま、鉄道ファンではほぼ常識となった「シチサン写真」。この、語源を、皆さんご存じでしょうか。

 男性の髪型に、「シチサン分け」というのがあります。7割と3割に左右に分ける、本当に一般的な、ちょっとダサい位の男性の髪型です。これに、典型的な鉄道写真をなぞらえ、「シチサン写真」という名前がついたのです。だから、「ちょっとダサい鉄道写真」という意味もあるのです。

 何故知っているのか。そう、最初に使ったのが私だからです。私の鉄道ブログに使ったところ、あっという間に広がり、いまや常識となりました。「お立ち台」や、「地鉄」のように、皆さんに気に入って貰って光栄です。

 閑話休題。それでは、その、「シチサン写真」は、どうやって撮るか、ご存じでしょうか。

 一番簡単な方法は、「標準、斜め45度」です。フルサイズなら50ミリ、あるいはそれに近い焦点距離で、被写体に対し斜め45度で構えると、簡単に直方体を横7割、前3割で撮ることが出来ます。ただ、許容される焦点距離は、広角は28ミリ位、望遠は70か85ミリ位で、それ以上の広角、望遠では、ちょっと調節が必要です。

 やはり望遠では、画像の圧縮効果があるので、これに対しては、被写体に対する角度を小さくすることで対応します。一般的な70-200ミリでは、普通は被写体に対する角度は小さい筈です。

 また、角度が大きくなってしまった場合は、広角側に振ることである程度は対応出来ます。しかし、60度を超えると、かなり難しく、無理に超広角を使うと、車両が豆粒となり、記録に適しません。

 ただ、自分にとっての黄金角は、やはり自分で見つけるしかありません。フィルム時代のように、撮り直しの効かない時代でも無く、撮り直しは幾らでも出来ます。試して撮って、自分のお気に入りの角度、焦点距離を見つけると良いと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。